テープ起こしFAQ

起こし方について

Q.起こし方の違いがわかりません
お任せください。ご発注の際に、1000案件テープ起こし経験専任スタッフが簡単に起こし原稿の用途などを伺います。その用途や実際の録音内容に合わせ、最適な起こし原稿を作成いたします。
Q.他の業者を利用すると、納品原稿の質にばらつきがあります
A.弊社のテープ起こしは、お客様へ納品前に必ず最後に1000案件テープ起こし校正経験専任スタッフが音声と原稿の照らし合わせチェック(音声校閲)を行います。作業者のレベルによるばらつきの少ない、常に均質・高品質の原稿納品をご提供しております。
  • ITに弱い作業者例   :「× Google アラミックス」→校閲「◯ Google アナリティクス」
  • 慣用句に弱い作業者例  :「× 牌を食い合う」→校正「◯ パイを食い合う」
  • 企業名等を調べない業者例:「× キャノン・キューピー」→校閲「◯ キヤノン・キユーピー」
  • 著名人名を調べない業者例:「× 阿部晋三」→校閲「◯ 安倍晋三」
  • 「大人語」に弱い作業者例:「× さわりながら」→校正「◯ さはさりながら」
Q.「ケバ」とは何ですか
A.「あの(う)」「その(う)」「えーと」「(です)ね」「こう」など、言葉として意味のない「無機能語」全般を指します。「ケバ」にはその他、「口癖」や「相づち」や「言い間違い」など、発言者個々の個性によるものが多数あります。ケバがあると、非常に読みにくい原稿となります。ケバ取りが必要な案件は、それらをカットし、読みやすい原稿に仕上げます。裁判証拠用や研究用の発話記録など、ケバも含めたすべての発語を起こすものを「逐語反訳」といいます。
Q.プロにテープ起こしを依頼すれば、全発言が起こせますか
A.音質が悪い場合や極端に内輪向けの内容の案件は、どうしても不明箇所が残りますが、可能な限り不明箇所は調査・聞き直しをし、それでも残ってしまった不明箇所には「ここが聞こえませんでした」という印や代替語などを挿入します。また、それらの不明箇所に適宜、音声の該当箇所のタイムスタンプを記載します。当てずっぽうの言葉をそのまま起こすことはいたしません
Q.途中に英語その他外国語も録音されています。
A.原則的に外国語部分は「(英語)」などの表記により、省略します。また事前にご指定がない限り、省略部分は料金数量に計上いたします。

料金について

Q.料金表の値段に含まれるものは何ですか
A.
テープ起こしに関する作業及びインターネット経由での受け渡しが済むもの(音声の授受・原稿データの納品)すべてです。1000案件校正者による音声の最終全チェック・用語のチェック作業、発言者特定作業などが含まれます。文字サイズや文字数、ページの段組等、一括設定可能な原稿体裁に関する作業も料金内で承りますので、具体的な原稿イメージのある方はご発注時にご相談ください。
Q.料金表の値段に含まれないものは何ですか

A.
録音メディアがカセットテープやCDなど、インターネット上での受け渡しができないものは、送料実費を別途ご負担いただいております。アナログ音源の返却送料は弊社が負担いたします。なお、CDなどの複製品の場合等で、録音メディアの返却が不要な場合は、返送手数料はかかりません。テープ起こし作業完了後、弊社にて責任持って廃棄処分いたします。

プリントアウト原稿や原稿データのCD化など、物理的な納品物をご希望される場合は、それらも別途オプション料金となります。

また、カセットテープやMDなど、デジタルコピーができない録音メディアの場合は、音声変換(ダビング)手数料がかかります。

※ ダビングしたmp3デジタル音源はインターネット経由でお客様へご提供いたします。

また、通常納期より早い納品をご希望される場合は、特急割り増し料金がかかります。

お支払いの際に、振込手数料がかかる場合は、お客様のご負担とさせていただいております。

詳細はテープ起こしオプション料金ページをごらんください。