*

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressで全サイトマップを統合

当ブログは合同会社ハルクアップ公式サイトのサブディレクトリにWordPressをインストールし、ブログを構築しています。

元々、公式サイトでもsitemap.xmlを作成していて、サイトのページを更新した際に、手動でsitemap.xmlを再構築していました。このブログを始めてから、ブログのほうはプラグイン「Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress」でsitemap.xmlの自動更新しているのですが、どうせなら両方統一して、Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressで再構築できるようにしたら便利かなと気づき(←遅い)、善は急げで設定してみました。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress追加ページの設定方法

(追加ページの設定→新しいページの追加で含めたいページを追加していきます)

1.追加ページの設定

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressの設定から「追加ページの設定」→「新しいページの追加」で、含めたいページのURLを追加していきます。URLはhttp://ありでもなしでもよいようです。優先順位、更新頻度はそれぞれ適当に、最終更新日は例えば2010-02-17のような形で入力します。

2.サイトマップファイルの場所を指定

「サイトマップファイルの場所」→「手動配置」で、上の欄にサイトマップファイルのフルパス、下の欄に完全なURLを入力しましょう。

※試していないのですが、もしかしたら「自動検出」でも大丈夫かもしれません。次の3で行うサイトマップファイルの移動を行ってから「自動検出」をすれば、勝手にルートディレクトリのサイトマップファイルを検出してくれるかもしれません。

3.sitemap.xml(.gz)の移動

「追加ページの設定」の「メモ」に書いてあるとおり、ブログ外のページを追加したらサイトマップファイルを必ずルートディレクトリに配置しなくてはなりません。今まではブログのディレクトリ直下に作成していましたが、その上位のディレクトリのページを含めるので、ローカル環境で空のsitemap.xmlファイル(「gz 圧縮されたファイルを出力する」にしている場合はsitemap.xml.gzも)を作成し、FTP等でサイトのルートディレクトリへアップロードします。元のブログディレクトリのsitemap.xmlは削除しますが、置いておいても問題はないとは思います。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressのエラー解決法の一の記事でも書きましたが、この作業をしないとサイトマップ再構築時にエラーが出ます。また試していなくて恐縮ですが、「空の」sitemap.xmlファイルでなくてもいいような気がしてきました。元々使っていたsitemap.xmlでも、再構築すれば書き直してくれそうな気がします。ただ、再構築できるように、ファイルのパーミッションの確認は忘れずに。

4.サイトマップファイルの再構築

上記の作業が終わったら、Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressの設定ページに戻り、ページ上部の「サイトマップを最構築する」(原文ママ)をクリックし、上位固定ページを含むサイトマップファイルの構築をします。再構築に成功したら、以降は上位固定ページのサイトマップファイルを別途書き直す必要はありません。

おまけ エラーが表示されたら確認すること

再構築後、赤字で「There was a problem writing your sitemap file. Make sure the file exists and is writable.There was a problem writing your zipped sitemap file. Make sure the file exists and is writable.」のエラーメッセージが出たら、以下を確認してみてください。

  • 追加ページのURLは正しいか
  • 手動配置で指定したURLは正しいか
  • sitemap.xml(.gz)ファイルがルートディレクトリにアップされているか
  • sitemap.xml(.gz)ファイルのファイル名は正しいか
  • sitemap.xml(.gz)ファイルの属性(パーミッション)は666等、書き込み可能になっているか

入力する項目が多いので、タイプミスによる間違ったURLやパスに特に注意してみてください。

関連記事

no image

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPressのエラー解決法の一

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress(Word

記事を読む

no image

WP Super Cacheを使わない理由

WordPress のプラグインをいろいろ試しています。で、 WP Super CacheというWo

記事を読む

no image

WordPressの投稿を自動的にツイートするプラグイン「Tweetable」

思うところあって、弊社もツイッターアカウントを取得してみました。で、ブログの更新を自動的にツイッター

記事を読む

no image

meta description重複(反映されない)解決の備忘録

当ブログのGoogle検索結果を見ていたら、どのページの結果にも同じmeta description

記事を読む

no image

記事の投稿時間を非表示にするカスタマイズ

Wordpressで記事を投稿(公開)すると、自動的に投稿日時が挿入されます。投稿年月日はいいのです

記事を読む

no image

WP Social Bookmarking Lightで「いいね」ボタンを設置してGoogle Analyticsを使っていたら必ずしたほうがいい設定

※10月11日修正追記  facebookのいいねボタンをサイトに設置し、Googleアナリティク

記事を読む

no image

WordPressカテゴリーページに該当記事タイトル一覧を表示させるカスタマイズ

カテゴリーアーカイブページを開く(カテゴリーのリンクをクリックする)と、カテゴリーに該当する記事がず

記事を読む

no image

【Tweetable】ブログ更新時の自動ツイートでタイトルが挿入されない不具合解決備忘録

WordPressのブログ新規投稿をツイッターへ自動でつぶやいてくれる「Tweetable」ですが、

記事を読む

no image

ページデフォルトのフォントファミリーをメイリオにカスタマイズ(CSS)

Wordpressのカスタマイズ備忘録です。今回はページ全体の基本font-family(フォントフ

記事を読む

no image

ツイッターからのアクセス数とRTを表示するボタンを設置する

WordPressにツイッターからのアクセス数とRTを表示するボタンを設置する方法です。いろいろあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

postagestamp01
未使用の切手(貼付済み)を剥がさずに簡単に再利用する方法備忘録

 封筒に貼ってしまってある未使用切手を再利用する方法を郵便局で教わった

kindle_sort
Kindle の デフォルト配信先 の変更方法備忘録

コンテンツと端末の管理 端末タブ 端末名「編集」

itts
テープ起こしで知った言葉201501

今月のテープ起こし案件ではこんな言葉を知りました。ありがとうございまし

KIMG0297
日経ビジネス2014.12.01メモ

トヨタミライは補助金込みで約520万円。 企業交際費は199

itts
テープ起こしで知った言葉201412

今月のテープ起こし案件ではこんな言葉を知りました。ありがとうございまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑